FX取引の概要とリスク

昨今、手軽に出来る副業としてたくさんの方に利用されている外国為替証拠金取引、いわゆるFX取引。この外為(がいため)とも呼ばれる取引は、どのようなものでしょうか。



例えば、1ユーロ100円で日本円からユーロに交換した5,000ユーロを、130円でまた日本円に交換する場合、1ユーロに対し30円の差がありますので、30円×5,000ユーロ=150,000円も為替差益が発生します。



つまり、FX取引は異なる国の通貨を売買・交換することで発生する為替差益を狙う取引のことです。そして、FX取引の大きな魅力の一つにレバレッジがあります。通常、自分が差し入れた証拠金を運用して取引を行いますが、レバレッジを利用すると差し入れた証拠金の何十倍もの資金を運用する事が出来ます。



国内で最高となる25倍のレバレッジでは、40,000円の証拠金で1,000,000円の運用ができるので、当然、利益も大きくなります。
しかし、反対に損失も大きくなりますので、高いレバレッジはハイリスクハイリターンと言えます。

しかし、証拠金の保全を目的として、運用する際の損失が一定額を超えると強制的に決済するロスカットがありますし、2国間の通貨金利の差で発生するスワップポイントは、比較的ローリスクで経験の少ない人に向いています。

FXは、リスクばかりのギャンブル性の高いものではなく、安全に少しずつ利益を上げる方法もあります。自分のやり方にあった方法で、取引を楽しみましょう。