FX レバレッジって何?

FXは、ハイリスクハイリターンの投資と呼ばれています。
けれど、「単に両替をするだけなのに、どうしてハイリスク?」と思ってしまうかもしれません。

それは、FXには、レバレッジというものがあるからです。

レバレッジとは、実際の元手の何倍もの金額を取引できることを意味します。

たとえば、1米ドルが100円の時に、100万円の元手であるとします。



その場合、両替で手に入るのは、1万米ドルです。

しかし、FXであれば、レバレッジを10倍にかけて取引することが可能になります。

つまり、100万円の元手で10万ドル分の取引ができるというわけです。



これにより、外貨を売買した斉木です差益も大幅に上がるという仕組みです。

しかし、その逆のパターンもあり、大幅に為替レートが変動した場合には、一気に損失が出ることになります。その場合は、証拠金の範囲内で収まるように、FX業者が強制ロスカットをします。

もう少し待っていれば為替が逆転するかもしれないと、次々と証拠金を入金してしまうこともあるものです。
その結果、非常に大きな損失が出たり、借金を背負う可能性があります。

さらに、為替の変動スピードが速すぎる場合、ロスカットしても、証拠金以上の損失が出るケースもあります。その補てん分が非常に大きく、破産してしまうということもあり得ます。



FXの魅力は、非常に大きな金額を扱えることではあります。けれど、レバレッジのギリギリまでかけて取引すると、大損する危険も含んでいるということです。