屋久島旅行は目的に応じて時期を決めよう

屋久島は鹿児島県の大隅半島の南西約60キロメートルの海の上に位置する島です。

今、評判なのはこちらの屋久島旅行について知っておくと便利なことが良く分かるお得なサイトです。

日本の中では南に位置している島ですが、一年中常夏というわけではなく、それぞれの季節も楽しむことができます。そのため何を目的として屋久島旅行に行くかによって行くべき時期を考えた方がよいでしょう。



もしもトレッキングを目的に屋久島旅行に行くのであれば、3月から11月がおすすめの時期です。
九州最高峰の山ではあり、雪が降る可能性も十分考えられます。
トレッキング目的で行くのであれば12月後半から2月中は行うことができません。

おすすめの時期でもさらによい時期は5月中旬がよいでしょう。憲法の心配もそれほどなく、山の新緑を楽しめる時期であるといえます。
屋久島旅行でウミガメを見たいという場合には、5月から8月が最もおすすめの時期です。


屋久島の海は海水浴場としても人気ですが、ウミガメの産卵地としても知られています。ウミガメの産卵のピークとなる時期は6月から7月上旬です。

そして子ガメが孵化して海に戻っていくのは7月後半から9月です。



毎年、産卵の時期にあわせて観察会が行われ、これに参加しなければ夜間は海に立ち入ることはできません。


この時期に観察会に参加して、感動的なウミガメの産卵や孵化に立ち会うのも思い出に残ることでしょう。
海や川などのアウトドアを目的に旅行に行くのであれば、梅雨明けの7月から9月がよいでしょう。梅雨明けはだいたい7月後半ごろです。

この時期から9月いっぱいまでは海や川のアクティビティーも十分に楽しむことができるでしょう。