FXスワップ金利で儲けるとは?

FXは、外国通貨間の為替差益を利用して儲けを得る投資方法です。
安い時に購入し、高くなると売る、あるいは高い時に売却し、安くなったら買い戻すというのが基本的な取引です。

しかし、FXでの儲け方はそれだけではありません。
通貨間の金利の違いを利用して利益を得るという方法があります。



これを、スワップ金利と呼びます。

現在日本の金利は世界的に見ても非常に低い水準だといわれています。


それに引き換え、諸外国は軒並み高い金利が支払われています。

オーストラリアやニュージーランド、南アフリカなどは、高金利を提供する国として知られています。

FXで、これらの高金利の外貨を購入すると、売却するまでその通貨の金利を得ることができます。

FXでは、日割りでスワップ金利が支払われるのが特徴で、売却するまでどんどん貯まっていくことになります。

つまり、外貨貯金をするような要領で、FXを活用することもできるということです。



また、利用する会社によってスワップカレンダーというものが設定されており、スワップ金利が支払われる日にちがわかります。そのため、長期間外貨を保持することなく、支払日を狙って外貨を購入し金利を得るとすぐに売却して利益を得る人もいます。

なお、外貨貯金との大きな違いは、為替レートに大きな変動が出た際にすぐに売却できることです。



24時間取引可能なため、大暴落などが起きた際に瞬時に対応でき、大幅な損失を防ぐことができます。