FXでは売りから取引を開始する事も出来る

FXは二国の通貨取引を行いその際に生じた為替差で利益を得ますが、取引をする際には日本円で海外の通貨を購入し、為替が変動して利益を確定したい際に海外の通貨を今度は売って日本円に戻すというイメージが強いです。
FXでも確かにそのような取引方法も可能ではあり、このようなスタイルを買いから入ると言います。



それに対して逆に売りから入るスタイルもあり、持っていない海外の通貨を売り後からその分だけ通貨を買うという事も可能であり、これを空売りと言います。

FXで取引をするとして買いから入る場合、為替レートは購入時よりも円安にならなければ利益を得る事が出来ないです。



例えば、1ドル100円の際に100万円をドルにすると1万ドルとなり、円安になって1ドル101円になった際にドルを円に戻せば101万円で1万円の利益となりますが、円高で1ドル99円となった場合は99万円となって1万円の損失になってしまいます。



それでは為替相場が円高の傾向の時には取引する事が難しくなってしまいますが、そのような時には売りから入れば利益となります。

先ほどの例と逆に、1ドル100円の時に1万ドルを売って100万円にし、円高で1ドル99円の時にドルを買えば99万円となって差額の1万円分は利益となるという訳です。

このような取引も可能であるからこそ、為替相場の値動きを上手く分析できれば円高傾向でも円安傾向でもどちらの場合で取引をしても利益を得る事が可能です。