損失を許容できるFXトレード

FXトレードをするときには、まずは利益のことを考えてポジションを持とうとします。

それも間違いではないのですが、資金管理の観点から考えると、どのくらいの損失ならば許容できるかということを考えてみて、ポジションを持つことも大事であると言えます。

FXトレードではポジションを持ってから、クローズするまでずっと含み益であり続けることはあまりありません。


また、ずっと勝ち続けることはとても難しいことです。

大事なことは、利益となるトレードでは利益を大きくして、損失を確定するときには、出来るだけその金額を小さくすることです。そのためには、どのくらいの損失であれば許容できるかということをポジションを持つ前に考えることが大事です。



つまり、ポジションを持つ前に、どのくらいのポジションを持つ方向と反対方向に動くリスクがあるかということを分析することが大事です。



もしも、損失方向に動いたとしても、その損失が許容できるものであれば、成行注文でポジションを持っても問題はないと言えます。

もしも、損失方向にまだまだ大きく動きそうなときには、損失が許容できる価格帯に指値注文を置くことで、損失を許容することができますし、有利な価格でポジションを持つことができます。



このようにFXトレードでは、まずはどのくらいの損失であれば許容できるかということを計算した上でポジションを持つ位置や、注文方法を検討することが大事なことであると言えます。