チャートパターンを身につけるFX実践法

FXで利益を出すためにテクニカル分析を熱心に研究されているトレーダーが多くおられますが、チャートパターンを分析することも大切です。


チャートパターンを分析すると値動きを予測できますし、複雑なテクニカル分析を組み合わせて判断するよりもシンプルな手法で利益を狙うことが出来ます。チャートパターンを覚えるには過去チャートをたくさん見ることが大切です。


例えば、FX初心者には天井を見極めることは難しく感じますが、長い期間チャートを見ていると天井をつけた時に同じようなパターンを形成するのが分かります。2つの山が連なっているように見えるダブルトップや3つの山が連なっているように見えるようなヘッド&ショルダーが出現します。



もちろん、いつもキレイな形ではありませんが、似たようなパターンが現れるともうそろそろ天井だと予測できます。

また、天井から下落して一時的に揉み合い、再度下落するパターンは下落が進むと予測できますし、チャートパターンが形成されると将来の値動きも分かるようになります。



テクニカル分析で判断するといつシグナルが発生するのか予測するのは難しく感じますが、チャートパターンが分かるようになると次の抵抗線や指示線まで相場が動くだろうと予測できます。
FXで勝ち続けているトレーダーのほとんどはシンプルな手法を使用していますし、ダブルトップやヘッド&ショルダーの他にもV字型トップや三角持ち合い、ダブルボトムなど、複数のチャートパターンをしっかり頭に叩き込んでいます。